プリントアウト

iQUAVIS Ver3.1 R2システム要件

サーバ

iQUAVIS Ver3.1 R2サーバーの推奨環境を掲載しています。
iQUAVIS Ver3.1 R2サーバー
ハードウェア CPU クロック2.93GHz以上の64ビット(x64)
デュアルコアプロセッサー
メモリ 8GB以上
(検討順序・スケジュール分析パッケージ利用時は12GB以上)
空きHDD容量 50GB以上
(運用に合わせてサイジングが必要です。導入時に相談させてください。)
ソフトウェア OS
  • Windows Server 2012 R2 Standard Edition x64
  • Windows Server 2012 Standard Edition x64
  • Windows Server 2008 R2 Standard Edition with SP1(64bit版のみ提供)
HTTPサーバー IIS 8.5 or IIS 8.0 or IIS 7.5
データベース
  • SQL Server 2016 Standard Edtion
  • SQL Server 2014 Standard Edtion SP1/SP2
  • SQL Server 2012 Standard Edtion SP2/SP3
  • SQL Server 2008 R2 Standard Edtion SP3
Java Java SE Development Kit 8 (64-bit)
(検討順序・スケジュール分析パッケージ利用時に必要)
その他
  • .NET Framework 4.6.1 or .NET Framework 4.5.2
  • Powershell 4.0

クライアント

iQUAVIS Ver3.1 R2クライアント の推奨環境を掲載しています。
iQUAVIS Ver3.1 R2クライアント
ハードウェア CPU 1.8GHz以上の32ビット(x86)または64ビット(x64)
デュアルコアプロセッサー(推奨は64ビット(x64)以上)
メモリ 推奨は4GB以上(最低メモリは2GB ※)
空きHDD容量
  • .NET Frameworkのインストールに必要な領域:4.5GB以上
  • iQUAVISのインストールに必要な領域:200MB以上
ソフトウェア OS
  • Windows 10 (x86、x64)
  • Windows 8.1 (x86、x64)
  • Windows 7 SP1 (x86、x64)
その他
  • .NET Framework 4.6.1 or .NET Framework 4.5.2
  • Excel2016 or Excel2013 or Excel2010 or Excel2007
  • Adobe Acrobat Reader XI 以上(マニュアル参照時に必要)
  • Internet Explorer 11
  • プロジェクトデータサイズにより、最低メモリ容量ではメモリ不足が発生するケースがございます。