プリントアウト

SUN Solaris版 Teamcenter 2007
ソフトウェア要件

本システム要件は、2011/5/25 現在の Siemens Industry Software K.K.(以下、Siemens社)のシステム要件ページをもとに弊社が和訳、および注意事項等を追加して作成したものです。
赤字は、最新更新分を指示しています。


■ソフトウェアバージョン
最新ソフトウェアのサポート情報については、本システム要件ページをご参照ください。

ソフトウェア要件に関しましては、弊社で実施している品質管理のもとサポートするOSを定義 しています。
場合によっては、 Siemens社提供のソフトウェア要件と異なる場合がありますので、本システム要件ページをご確認ください。
  システム要件 確認コマンド
OSバージョン
(注1)
・Solaris 10
アプリケーションサーバとしてサポートされます。
# more /etc/release
カーネルパラメータ
(注2)
◆set noexec_user_stack=1
◆set semsys:seminfo_semmni =100
◆set semsys:seminfo_semmsl=256
◆set shmsys:shminfo_shmmax=4294967295
◆set shmsys:shminfo_shmmni=100
# more /etc/system
Oracle Database ・10.2.0.1
・10.2.0.2
・10.2.0.3
・10.2.0.4
・11g
Oracle Databaseのサポートライセンスは下記になります。  
  ・Oracle Database Enterprise Edition
  ・Oracle Database Standard Edition
  ・Oracle Database Standard Edition One
 


■OSパッチ
Sun Solaris環境にてTCINをご利用の場合、特にOSパッチの適用は必要ありません。



●ソフトウェア要件注意事項
(注1)

Oracleサーバ機能としてのみご利用の場合は、Oracleバージョンごとのシステム要件に則ります。
詳しくは、Oracle社へご確認ください。


(注2) /etc/system に上記パラメータより高い値が設定されていた場合、変更すると他のシステムに影響を及ぼす恐れがあります。その場合は、値を変更しないで下さい。




Copyright: Information Services International-Dentsu.,LTD